体毛が濃くて悩む男性に聞いてみた

色々な年齢、色々な職業の方の、男の無駄毛の濃さの悩みやコンプレックスについて聞いてみました。

 

いつごろから濃くなったのか、気になりだしたのか、またどの部位の毛が気になるのか聞かせてもらいました。

30歳男性SEの無駄毛の悩み

私は30代の男性、SEをしています。父親が毛深かく、中学生のころにはすね毛、高校時代から胸毛が生えだしました。

 

まだ、高校時代は、そんなには濃くありませんでしたが、20歳を過ぎるころから胸毛が濃くなり、今では背中も毛深いです。

 

誰でも人との違いに悩むもので、周囲に私ほど毛深い方がいないので、何かにつけて毛深いことを言及されることにコンプレックスを持っていました。

 

汗かきでもあり、夏場はどうしても半袖を着ますが、肌を露出する分、周囲の目が気になります。

 

いつも自分で見てる分には気になりませんが、写真に写った手をみて、さすがに毛深いなと思うときもあります。

 

それとワイシャツ、ポロシャツなど胸元のボタンを外すと毛が見えていないか気になるので、絶えず毛を剃っています。

 

冬場は長袖を着ますが、手の甲にも十分に毛があるので、仕事で説明するときなど、手を見て驚かれることもあります。

 

あと、どうしても気になるのが、プール(海)とお風呂です。

 

20歳を超えてから友人の誘いがあっても、何かにつけ海水浴には行きませんでした。

 

お風呂は男性だけなので、視線は気になりますが徐々に慣れてきました。 

 

やはり、女性の目線は気になり、どうしても毛深いこと生理的に受け付けない方がいる場合は困ります。そんなことで20歳ごろは女性と話すことも遠慮がちでした。

 

以上は人の目線ですが、私自身、毛深いことで困るのは怪我や手術の時のテープや、湿布です。採血のときも看護師さんが遠慮がちにテープを貼られます。

 

もちろん、それ剥がすときはとても痛いです。

 

背中に腫瘍ができて、腫瘍を取る手術の後10日ほどガーゼを貼っていた時は、さすがにかぶれも出てきて大変でした。

 

毛深いことの悩みorコンプレックスの最後は暑いことです。

 

5年ほど前から、その暑さに耐えきれず、梅雨が入る前に一度、7月に入ってもう一度、上半身の毛を剃っています。さすがに剃ったあとは涼しく感じます。

 

毛を剃るとまた濃くなるとも言われていますが、暑いことに比べたら、1ヶ月程度でも涼しく感じていたいです。

ページ上へ戻る | HOME

35歳自営業男性の無駄毛の悩み

小学校の時からすね毛が毛深いことで悩んできました。

 

特に中学生から高校生頃の異性が気になる思春期では、毛深いことが嫌で嫌で体育の授業がある時は学校にも行きたくありませんでした。

 

中学生2年生のプールの授業がある時期に、母親に全身の毛を処理したいと悩みを相談し、女性用ムダ毛処理クリームで顔以外の全ての毛という毛を脱毛してもらいました。

 

もともと毛深い体質だったので、逆に全身を脱毛したことにより周りの友達からも違和感があると言われ、笑われるようになりました。

 

成長期ということもあり、一度脱毛した毛は1か月もしないうちにみるみる成長し、すね毛は今までの2倍毛深い状態になりました。

 

夏は海になると泳ぎに行くことが多く毛深いことが気になりながらも、海へ行っていました。大学生の夏の出来事ですが、海で泳ぎ終わり着替えをしているときに、いきなり強面の人が近づいてきて、「兄ちゃんの足の入れ墨かっこいいのぉ〜 ファイヤーマークだな」と言ってきたのです。

 

私もびっくりして「これはすね毛です!」言い返しましたが、強面の人はすね毛を入れ墨と勘違いしていたのです。

 

びっくりはしましたが、何かすね毛を褒めてもらえたような気持ちで少し嬉しかったのです。

 

それからというもの毛深い全身の毛を脱毛するのではなく、かっこよく見せてみようと考え全身脱色に変えてみたのです。

 

特に毛深いすね毛には、大量の脱色剤を使用し完璧の金色になるまで脱色しました。

 

若干皮膚がただれても、トリートメントを塗りながら耐えました。

 

脱色された毛深いすね毛は、日が当たるとキラキラ光り、水に濡れてもオシャレに光っていました。

 

この時は自分からハーフパンツを履いたりして、金色のすね毛を見せびらかしていました。

 

ただ問題なのは、痛めつけられたすね毛勢がプチプチと切れてしまい、家じゅうが金のすね毛だらけになるほど、もろくなってしまったのです。

 

それから短くなったすね毛は、再生をを繰り返し、結局は黒々とした毛深いすねに戻っていってしまいました。

 

何かと毛深いことでお金と時間を掛がかかってしまい、今でも夏は毛深いすね毛と戦っています。

ページ上へ戻る | HOME

25歳男性アパレル企業の営業マンの無駄毛の悩み

 

毛深いのが気になり出したのは高校生の頃の部活合宿を境にでした。

 

正直それまでは人と何ら変わりないと思い込んでいたんですが、高2の夏合宿で先輩たちと風呂に入っていた時に言われてからですね。

 

それも数人に言われたのが内心とてもショックだったのを憶えています。

 

先輩の言葉ですから多少はからかってるニュアンスもあるんでしょうが、その後の体育の水泳の授業や修学旅行でも誰かに笑われているような気がしてナーバスになりました。

 

体育の授業はできるだけ仮病でサボりましたし、修学旅行も人が少ない時間に風呂に入ってごまかしましたね。

 

毛深いことが悩みorコンプレックスになってからは人前であまり肌を露出するのをためらうようになりましたが、目立つ箇所は口周りのヒゲ、腕や脚のすね毛と胸元、特に乳首の周りに長めの毛が生えているので全て隠すのは大変です。

 

ヒゲはマメに手入れしないといけないのが面倒です。

 

毎日だと肌もそんなに強くないので剃刀負けするのがストレスです。

 

頭髪がそんなに濃くないのが余計にヒゲを目立たせてしまって仕方ないので帽子を被ることが多いですね。

 

年取ればそれも味になるかもしれませんが、外国の俳優みたいに格好良くなるかどうかは疑問ですし、これからの悩みの一つでもありますね。

 

腕や脚は以前剃ってしまったことがあります。

 

でも高校の部活時代に負った傷の跡とかが目立つので好きではないのと、やはり剃刀負けですね。

 

今は脱色して目立たないようにしていますが、できれば脱毛とかうまくできないのかなと思ったりします。

 

現状では肌が白過ぎると目立つのでできるだけ日焼けして浅黒くしていたいですね。

 

最近仕事で仲良くなったフランス人がいて彼も私以上に毛深いのですが、彼らは肌と毛の色が日本人ほど差がないので目立たないのですね。

 

またもともと毛深い人が多いので全然気にしていないですし、うらまやしいなあと思います。

 

胸元は普段気にしないのですがこのままだと夏に海水浴とか行けませんね。

 

どれだけ予算が必要かわかりませんがせめて胸元の毛だけは脱毛してみたいと思います。

ページ上へ戻る | HOME

26歳男性・営業職の体毛の悩み

今年で26歳(職業・営業)になりますが、容姿に関して1つだけ大きな悩みorコンプレックスがあります。

 

それはズバリ、毛が濃いという事です。でね、いつごろからそうなったのかを思い返してみると、中学生くらいの頃から突然体毛が濃くなり始めたんですよね。

 

すね毛、わき毛、もみ上げ、腕毛、眉毛・・。周りの友人たちとは比べ物にならないくらいの毛がそこにはあって、これがものすごく悩みorコンプレックスでした。

 

当時は思春期真っただ中でしたからね、異性にそういった部位を見られるのがめちゃくちゃ恥ずかしくて気が気じゃありませんでしたよ。

 

なので、ムダ毛処理が日課となっていたのですが・・。

 

これが原因となって、更に濃くするんですよね。ほら、毛を剃ったら濃くなって生えてくる、みたいなことを言うじゃないですか。

 

あれって本当なんですよ。(事実は医学的根拠はないそうです)

 

毎日のようにムダ毛を処理していると、そりゃもう毛深いを通り越して剛毛になってしまうんです。

 

実際、中学を卒業する頃には、10代とは思えないような、それはそれは立派な体毛が出来上がっていたのでした。

 

でね、思うんですけど、外国人って、結構毛深い人が多いじゃないですか。

 

欧米、中東、アフリカ・・、世界を見渡してみると、毛深い男性ってかなり多いと思うんですよね。

 

でも彼らって、毛深いことに対して悩みorコンプレックスを抱いていないでしょ。

 

なぜなのでしょうか。

 

おそらく、濃い毛が似合う顔立ちであったり、体型をしているからなんでしょうね。

 

ほら、外国人って堀が深くて、背が高くて、手足が長くて、マッチョで・・、みたいな感じで男らしい体型をしているじゃないですか。

 

だからこそ、濃い毛が似合うんです。一方で私の場合には、のっぺりとした顔立ちで、なおかつ体型もひょろひょろ。

 

とてもじゃありませんが、濃い毛が似合わないのです。これは何も私に限った話ではなく、日本人全体に言えることでしょう。

 

実際、ここ日本では毛が濃い事が、どちらかというとネガティブな事として捉えられているじゃありませんか。

 

女性受けもあまり良くないですし、同性からは毛が濃いことでイジられたりもします。

 

なもんで、最近では脱毛サロンに通ってみようかな、なんて考えている自分がいるんですよね。

 

体毛に対してコンプレックスを抱かなくなれば、日常生活がもっと充実するはずです。

 

というわけで、近いうちに脱毛サロンに足を運び、いろいろ相談してきたいと思います。

ページ上へ戻る | HOME